歯周病とは加齢が原因ではない

歯周病は加齢が原因と考えている人が多いと思いますが、決して、加齢が原因というわけではありません。

虫歯は子供から大人までできますが、歯周病はある程度、年齢が重なってからというイメージが強いですよね。

虫歯は細菌が引き起こす感染症だと言われています。が、歯周病は歯と歯茎が少し隙間が出来て、そこに歯周病菌と呼ばれるものが張り付いてしまうことによって、歯茎が腫れてしまう状態です。

健康な歯茎は歯と歯茎がぴたっとはりつき、歯茎もピンク色で炎症がありません。
しかし、歯周病になると、歯茎はピンクではなく、赤みを帯びて炎症を引き起こしています。

そして、口臭があり、歯茎を押さえると膿が出る状態にまでなります。

よく歯医者さんに行くと歯周ポケットの深さを測りますが、深ければ深いほど、歯周病になりやすい、すなわち隙間が出来ているということになります。

歯周ポケットはどの位の深さですか?

歯周病治療&予防 歯周ポケットを1mmまでに改善することで歯が健康になります。

スキンケアには肌の仕組みを知ることが第一歩になります。

そして、肌の働きにあったケアをすることが美肌への近道になります。

肌は一枚の皮だけで出来ているわけではありません。

続きを読む