吸気マニホールド

スロットルバルブを通過した空気は吸気マニホールドで各気筒に分岐されます。

マニホールドは、一つの枝からいくつかの枝に分かれるように入口側が1本、出口側がシリンダーヘッドの各気筒の吸気ボートに対応しています。直列型エンジンでは、1個のマニホールドが一般的ですけど、 V 型や水平対向型では、両バンクが離れていますので、2個のマニホールドを使うということになります。吸気マニホールドは、吸気装置の中でも空気の流れの影響が非常に大きなところということができます。いずれかの気筒が吸気行程 ですと、枝から、その気筒のブランチ、ポート内の空気が流れています。この流れですが、これは吸入負圧によるものといえます。そのため吸気行程以来の気筒のブランチやポート内の空気も吸気行程中のブランチの側に引き込まれてしまって内部の圧力が低くなってしまいます。このような状態の中で次の気筒の吸気が始まってしまいますと、当初は圧力が下がってるため空気の密度が低いので吸気効率が悪くなってしまいます。その上バルブタイミングにはオーバーラップがありますので、次に吸気行程が始まる気筒の排気を、その気筒のポートやマニホールドに吸い込むという危険性もあります。こうした気筒相互の影響を防ぐという目的で、吸気マニホールドには、様々な工夫がされています。車買取 釧路