50代以上の方、身長が縮まっていませんか?

毎年、健康診断をしていると、体重が増えるのを気にしますが、
身長の数値も大事ですよ。
もし、身長が縮まっていることがあったら、対策をしないと、将来、骨粗しょう症になる可能性が大きいからです。

カルシュウム不足の人が多いと、よく言われますが、現代の日本人は慢性的にカルシュウム不足になっているのです。
カルシュウムは体重の1~2%を構成し、その99%は骨と歯に、1%が血液や細胞内に存在します。
骨は、新しい骨を作る働きをする骨芽細胞と古い骨を壊す働きをする破骨細胞により、常に作り替えられています。

私たちの骨は3年で生まれ変わるので、カルシュウムを補わないとどんどんもろい骨になってしまいます。
骨粗鬆症の鬆という漢字はスが入っているように、スカスカでもろい骨のことです。

カルシュウムの吸収を阻害するものは、カップラーメン、、インスタント食品、スナック菓子などに含まれるナトリウムや。ジュースや冷凍食品に含まれるリン」はカルシュウムの吸収を妨げ、骨を弱くする一因になっています。
骨を丈夫にするには、バランスの良い食事、運動、そしてカルシュウムサプリです。かるみるく