優勝に向けて仲間とともに好きなサッカーチームを応援する!!

趣味はサッカー観戦です。茨城県鹿嶋市に本拠地を置く鹿島アントラーズの応援をしています。いわゆるサポーターです。鹿島アントラーズはJリーグのリーグ戦34試合に加え、カップ戦、天皇杯など合わせて年間40~50の試合があります。

すべての試合を現地で応援したいところですが、スケジュールの都合や距離的に難しいこともあるので現地で応援できるのは年間15試合程度です。現地に行けないときは自宅やスポーツバーでネットの中継で応援します。
この趣味を続けていて楽しいことは、サポーター仲間が増えること。スタジアムやアントラーズを贔屓にしているスポーツバーへ行けば必ずと言っていいほど、仲間が増えます。同じチームを応援しているという繋がりだけで、年齢も職業も住む場所も違う人たちと出会えます。

その仲間たちと応援をし、勝ったときはともに喜び、負けたときはともに悲しみ、同じ時間に同じ感情を共有できることに最大の魅力を感じます。
そして何よりも嬉しいことは優勝の瞬間。それはもう言葉では言い表せないほどの喜びです。何度でも味わいたくなるとても美味しい食事のようです。監督、選手、スタッフはもちろん、一年間ともに応援し続けてきたサポーター仲間と最高の笑顔で勝利の歌を歌うその瞬間がサポーターを続けていてよかったと思う瞬間です。

チームは生き物です。調子がよくないときもあります。負けが続いていても、監督が解任されても、勝利を信じて応援し続けてきたからこそ味わえる喜びがあります。
アントラーズのファンになって25年、スタジアムに足を運ぶようになって18年。この趣味だけはやめられません。”