継続する無理のない量を自分で把握しよう

30代になると、生活で蓄積された体脂肪が気になり、「運動しよう」と急にジムに通い、しんどくなり辞めてしまう、家で一日筋肉トレーニングを行いそれでおしまいになった経験を持った方は基本的に多いと思う。

特に男性は力をみんなに見てもらいたいと思い、無酸素運動を優先的にしたいと考える方が多いと思う。本当に体脂肪を減量しようと考えるのならば、毎日ウォーキング15分を実施し、腹筋5回、背筋5回を行う。

これを毎日行うことにより、体のエネルギーを消化しやすい状態にするよう、新陳代謝を向上させ、有酸素運動を行った後に筋肉に負荷をかけるようにする。筋肉トレーニングも自分の体形を細くしたい時はインナーマッスルを意識し、腹筋の場合、上半身をすべて起こすのではなく、5秒かけておへそが見えるまでにし、息を吐く。

背筋の場合、上半身を上げる時は息を吸い、下ろす時は息を吐くことを3秒かけて行う。体形を筋肉で太くしたい時は、筋肉トレーニングを行う動作を大きく行うことにより、筋肉の筋からの可動域を向上させることが体のラインを作るポイントである。

このように意識することにより、同じ動作でも自分が理想とする体形を変化する。後は、自分が一回予定を立てて、絶対に出来る量を把握し、毎日行うことにより、健康な体作りが出来るのではないだろうか。

トリプルビー