サプリメントと健康被害について

厚生労働省で認められているいわゆるトクホのような、健康食品以外のものは、あくまでも自称の健康食品であると言えますが、そのサプリメントと健康被害について調べてみました。

健康食品とかサプリメントとして販売されているものは、法的には一般の食品と同じ扱いになります。健康食品やサプリメントとして販売されている商品の中には、話題性ばかりが先行し、実はたいした効果が感じられないものもあるようです。科学的な裏づけがされていないものは、本当の効果はいわば半信半疑だともいえます。日本の信頼できる大手メーカーが製造しているサプリメントもありますし、どこのメーカーがはっきりしないサプリメントもあるようです。健康被害が発生してしまったケースもサプリメントの中にはあるので、注意が特に必要だといえます。利用した人の身体に合わなかったケースや、商品自体の成分による副作用の発生などが、健康食品やサプリメントによる健康被害としてよくあることです。用法や容量を守らずにサプリメントを過剰摂取するというのは避けたいことですし、口コミやマスコミなどによる情報はそのまま鵜呑みにしてはいけないのです。海外から取り寄せたサプリメントは成分がよくわからないことがあるので、事前によく確認しておくことが大切です。副作用が比較的ないといわれている、ミネラルやビタミンのサプリメントでさえも、健康に思わぬ悪影響が生じるケースも体質によってはあるといいます。健康食品やサプリメントは子供には与えないのが原則です。カルシウムなどを積極的にサプリメントで補っている場合が中にはありますが、小さい体なので過剰になりやすいようです。なるべく普段の食事から栄養分を摂るように心がけることをおすすめします。
シースリー(C3 )渋谷店