たんぱく質もとりましょう

野菜や果物はなぜ体に良いのでしょうか。野菜や果物を食べなさいと進めている美容雑誌や情報は多いです。なぜ野菜や果物を食べたほうがいいのでしょうか。それはビタミンやミネラルが豊富に含まれ、カロリーがとても低いためを取る事がないからです。また、食物繊維を豊富に含んでいるため、排便活動を活発化させてくれます。腸の状態が悪いと肌荒れやニキビを起こすと考えられています。そういったことから、野菜や果物を積極的に取るように喧伝されているのです。

しかし、野菜や果物だけ食べていれば健康で綺麗なお肌 R で過ごせるとは限りません。野菜や果物にはビタミンやミネラル、食物繊維は豊富でも、お肌を形作るたんぱく質を持っていません。タンパク質はお肉やお魚から摂取するのは通常ですが野菜には含まれていません。

なので美容目指すならば本当は良質なたんぱく源を取る必要があります。野菜や果物でそれらのタンパク質を取ることはできません。お肉やお魚からタンパク質を取りたいのですが、肉はカロリーが高く、太ると言うイメージがあるのか意識の高い方ほどお肉を避ける傾向があります。また、魚は調理が面倒だというイメージから近年避けられることが多いです。

お肉は太るというイメージがありますが、鶏の胸肉や赤身肉などはカロリーが低くタンパク質のとることができるので綺麗を目指す女性にはある程度のこういったカロリーが低くたんぱく質が高い食べ物をおすすめします。こういったものを食べることによって、お肌の源となるタンパク質が供給されるとターンオーバー時に良質なお肌が形成されてくれます。

ミネラル酵素グリーンスムージー 断食